同じ事実を伝えても

 

「来月オフィスの模様替えを計画しています。

A部門はそのまま、B部門は増員のためC部門と場所を総入れ替えします。

 

これが全社的な同線としても、

全部門の仕事の効率化・コミュニケーションを考えても

最善の策だと考えております。

 

いかがでしょうか?」

 

「あぁ、それはいいね。

うちの部も問題なしだよ! 動いた先も良い場所だしね。

他部署はOKなのかい?」

 

「はい、すでに案に対する了承は得ています。

XX部長ご担当のC部門について、お聞きに上がりました。」

 

「あぁ、そう。だったら全然問題ないよ。」

 

「ありがとうございます。

ではご移動いただくC部門の方々にもお伝えした方が良いですね?」

 

「いや~、いいよ!言わなくて。」

 

「そうですか・・・。

了解いたしました。

では、さっそく準備に取り掛かります。」

 

以前、増員によるオフィスの模様替えを任された時の事です。

B部門の増員に伴い、どうしてもC部門に移動をしていただかなければ、

上手くデスク配置が出来ない状況が発生しました。

 

まったく動かないA部門と必要性に迫られているB部門は

問題なく了承されると思っていたので、

念のため先に2つの部には了承をとり、

最後の山場C部門の部長へ話に行ったのでした。

 

あっさり快諾してもらえたことに安堵し、

部内には言わなくていいという事だったので、

部長から話をされたいのかなぁと思い、私からは口を挟まないようにしていました。
すると数日後、

 

「あ~、そうだった、そうだった

今度デスクの配置換えがあるのを聞いてる~?」

 

と、C部長が部門の方々へ突然話し始めました。

 

私は内心、『なんだぁ~、まだ話していなかったのかぁ。』

と思ったものの、私から言わなくてよいとの指示だったので、

そのまま黙って話を聞くことにしました。
すると、

 

「なんだぁ~、まだ聞いてなかったのかぁ。

いや~、B部門が増員でさぁ。

仕方なくこっちは動かされてしまうんだよ~。

嫌だろうけどさぁ~、君たち動いてくれる?へへへ。」

 

 

と言い出しました。
「・・・・・!!!!!」

 

私は耳を疑いました。

会社における机の配置は非常に重要です。

社員一人一人の自己重要感が満たされるか否かにおいて、

机の配置は大きな意味を持ちます。

その机の配置を、まったく配慮無く

余り者扱いにされるような言い方。

 

心に憤りの感情が湧いてきました。

何故、部下たちにもっと違った言い方が出来ないのだろうか・・・。

 

「今度、B部門の増員の件はすでに君たちも知っての通りなんだが、

どうやら増員用の机が入らず、組織がまとまって仕事が出来ていないそうだ。

我々が、快く協力することで、

B部門だけでなく会社全体の仕事環境が改善されると聞いた。

忙しい中手間をかけさせるが、

皆の為に一役買ってやってくれないか?」

 

 

もしこんな風に言われたら、

手間をかけて他部門の為に引越しなくてはいけない部員も、

少しは心が晴れるのではないでしょうか?

 

 

結局、言われた部下の方々は

「嫌だと言っても、選択の余地がないんですよね。

だったら仕方ないじゃないですか。」

と、ただ落胆していました。
私は心苦しく思い、

部長が立ち去った後慌てて付け加えました。

 

「今回の件は大変申し訳ございません。

しかし、みなさんのご協力によって会社全体の仕事環境が改善されるんです。

お手数をお掛けして申し訳ないですが、どうぞご理解いただけませんでしょう?」

 

 

しかし、一回悪いイメージを連想させる言葉が先に入っていたため、

「別にいいよ。」とだけ言葉が返ってきたのでした。

 

非常に申し訳ない気持ちで一杯になった出来事で、今でもよく覚えています。

 

 

“机の配置を変える”

 

というこの事実は誰が見ても同じ1つの事実です。

しかし、物事の伝え方によって感情が加わり、

その事実に色がついていきます。

 

“同じ事実だけが発生するなら、

心地よい感情が色づくような言葉を選んでいきたい。”

 

そう心に強く思った出来事でした。
あなたは今日起こる出来事に、

あなたの言葉でどんな色に染めていきますか?

 

 

あなたにhappiness♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


メールマガジンの参加方法は簡単です。

  • 下記、メールアドレスを入力いただき、
  • “今すぐ参加する”のボタンをクリックしていただくと、
  • 一週間に一度あなたの夢を叶えるヒントやきっかけになるメールマガジンをお送りいたします。

メールは必要なくなればすぐに解除することができます。

今すぐ下記から、メールマガジンにご登録いただき、笑顔あふれるカッコイイ人生を私と一緒に歩いていきましょう!

メールアドレス