不安と闘う

「上田さん、私はどうしても許せない人がいて、
 その人に自分がおかしいと思う事をはっきり言っているのですが
 その人が自分の大切な娘を誘拐でもしないかと
 心配しているんです。」

「それは穏やかでないですね。
 因みに、その相手の人って
そんなことを本当にする人なんですか?」

「そうなんです。彼女、陰湿なんです。」

「どんなふうに陰湿なんでしょう?
 例えば何かあなたに危害を加えるような行動を
起こしたことがありますか?」

「いえ・・・。実際に何かという事は今のところないです。
 でも、表でいう事と裏で言う事が全然違うし、
 言葉も汚いし。何か悪いことをやりかねないと思います。」

「そうですか。
確かに気分が良くないですね。
 
 ところで、少しお話の角度を変えますが、
 明日大地震が来たら・・・って心配すること無いですか?」

「え?地震ですか?

あります。考えだしたら不安です。
 テレビを見ていて地震の映像を見たりすると
 次の瞬間ドーンと地震が起こったらどうしよう・・・
 なんて考えてしまう事もあります。」

「そうですよね。考えていくと不安になりますよね。

 では先ほどのお話しですが、
その不安と似ていませんか?

実際に何か危害を加えられたことはない。
→実際に明日地震がある確証はない。

でも、日頃の言動を見ていると不安。
  →でも、テレビの映像を見ていると不安。

その不安が最大限にあたった時を考えたら
自分の大切なものを失う破壊的な事につながる。
  →もし、実際に地震が起こったらと考えたら
   家族が大変なことになってしまうかもしれない。

こんな感じ言い換えられますよね。」

「ん?・・・・・・。

そう・・・そうですね。

似ている気がします。」

人は危険を遠ざけるために、
起こるかもしれない未来の危険に対し、
あらかじめ考え、対策を取る力があります。

危険回避のためのイマジネーションは
ある程度必要だと思います。

しかし、ずっとその不安に浸りすぎていると、
脳はリアルと想像の区別が出来なくなり、
想像がまるで目の前で起こっているかのように捉え、
それに伴い感情がどんどん不安へと暴走し始めます。

そうなると、
実際はそれほどでもないことが
不安のイマジネーションを使いすぎて、

もしかしたら

そうかもしれない

いや、絶対そうだ

と、現実からかけ離れた事実を作り上りだします。

そうなると、
不安が不安を呼び、
あなたの心の中を支配し始めます。

その不安に満ちた感情の中で、
どれだけあなたの目標に対して行動できるでしょうか?

脳は同時に二つの事を考えられません。
大切な時間を、
不安に支配されたままで良いでしょうか?

是非、頭をリラックスさせて
静かな場所で1人になって
考えてみてください。

あなたが今抱えている不安は、
本当に現実の世界で起こっている事でしょうか?

本当にあなたの目で見て、確かめた不安でしょうか?

もし現実で起こっている不安だとしたら、
不安に感情を任せているだけでなく、
必要なアクションを組み立て
すぐに動きましょう。

もしあなたが作り上げた世界の不安なら、
現実だけを見て
不安の世界に浸るのあなた自身を自ら止めて
リラックスし、目標に向かえるように
あなたの心を良い方向へ整えましょう。

人間は自分の考えを
エネルギーと英知に変える力があります。

あなたの脳の中で入れ替わるさまざまな感情は
あなた自身がコントロールできます。

決して他人はコントロールは出来ません。

本当の事実だけを見て
スマートに参りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


メールマガジンの参加方法は簡単です。

  • 下記、メールアドレスを入力いただき、
  • “今すぐ参加する”のボタンをクリックしていただくと、
  • 一週間に一度あなたの夢を叶えるヒントやきっかけになるメールマガジンをお送りいたします。

メールは必要なくなればすぐに解除することができます。

今すぐ下記から、メールマガジンにご登録いただき、笑顔あふれるカッコイイ人生を私と一緒に歩いていきましょう!

メールアドレス